ご購入までの流れ

1.お住まい探しスタート

 

まずは、

  • ■物件種別
  • ■エリア
  • ■広さや間取り
  • ■ご予算

を決めます。

 

最初は理想のお家をイメージしてみてください。
専門家等の意見を聞きながら決めたいという方は、無料相談を実施していますので、お気軽にお問い合わせください。
ご相談はメールのみでのやり取り・面談形式、いずれも対応しています(面談でのご相談は要予約)。

 

2.資金計画

 

いくらくらいの物件が購入できるか?どれくらいの住宅ローンが組めるか?その場合の返済額は?諸費用は?など、お客様のご状況や購入対象物件、ご利用金融機関等により異なって参りますので、こちらについてもお気軽にお問い合わせいただければと思います。

 

3.情報収集・物件見学・比較検討

 

インターネットの不動産ポータルや不動産セレクトショップ(以下、当サイト)を利用して物件情報を収集しましょう。また当サイトの無料会員登録をされている場合はメールによる物件情報(登録済み条件の新着物件・価格変更物件)が提供されますので、ご参考としてください。

 

気になる物件が見つかったらなるべく早く見学してみましょう。多くの物件を見学・比較することで購入しても良い物件を決めることが出来ます。また、当サイト掲載物件については、物件詳細ページより簡単にご見学依頼をすることが出来ますので、是非ご利用ください。

 

4.購入のお申し込み

 

購入申込書の提出 購入しても良い物件が決まりましたら売主業者様に対して購入の意思を書面(購入申込書)にて伝えます。

 

大きな買い物ですので良く考えてお申し込みするようにしてください。購入申込書には、購入する物件価格、代金の支払い方法、住宅ローン利用の有無や希望する引渡し時期などを記入し、署名・捺印します。価格交渉がある場合は、購入申込書の内容に基づき親父ライフ不動産(以下、当社)が契約条件を交渉・調整していきます。

 

物件の調査とご契約用書類の作成 契約条件等の交渉・調整が済んだら物件の調査を行い、重要事項説明書と不動産売買契約書を作成します。当社では可能な限り、事前にお客様の元に書類(写し)をお届けしていますので、ご契約前に内容をご確認いただけます。

 

住宅ローン事前審査(仮審査) 当社では、お客様が住宅ローンをご利用の場合、ご契約前にご希望の条件によるお借入が可能かどうかを金融機関に確認することをお勧めしています。

 

5.不動産売買契約

 

重要事項説明書 重要事項説明書で物件状況や契約内容をしっかり確認しましょう。重要事項説明とは、売買契約の締結に先立って、物件にかかわる重要な事項を説明するものです。登記簿に記載されている権利関係、将来建て替え時の法的制限、敷地と道路の関係、万が一の契約解除の場合の規定などが記載されています。宅地建物取引士の資格者が「重要事項説明書」でご説明いたしますので、ご不明な点は遠慮なくご質問いただき、十分ご理解いただいた上でご署名・ご捺印ください。

 

不動産売買契約書 買主様と売主業者様との間で不動産売買契約を締結します。不動産売買契約締結の席上では、取引の内容や当事者の権利・義務等が記載されている「不動産売買契約書」に基づいて、最終的な契約内容の確認をおこないます。また、不動産売買契約締結における売買物件の状況や売買物件に含まれる設備について、「物件状況等報告書」や「付帯設備表」をもって売主業者様から説明していただきます。買主様と売主業者様が署名・捺印し、買主様が手付金を支払って契約が正式に成立します。

 

6.住宅ローンお申し込み

 

当社では、ご利用の金融機関によりましては住宅ローンお申し込みのお手伝いもさせていただけますので、お気軽にお問い合わせください。

 

住宅ローンのお申し込み 売買契約締結後、住宅ローン申込書に必要事項をご記入の上、お申し込み時の必要書類を事前にご準備ください。また、ご利用いただく金融機関の窓口へ、住宅ローン申込書と必要書類をご提出ください。金融機関は申し込まれたローン内容で融資できるかどうかを審査します。

 

融資承認 お申し込みいただいた住宅ローンが承認されると、金融機関より融資承認の通知があります。売買契約に定められた融資承認期日前に通知をもらえるように金融機関の担当者にお伝えください。

 

住宅ローン契約 融資実行の前に、金融機関との間で住宅ローン契約(金銭消費貸借契約)を締結します。

 

住宅ローン融資実行 残金決済にあわせて住宅ローンの融資が実行されます。金融機関は購入物件に抵当権等を設定します。

 

7.お引渡し前の物件の最終確認

 

トラブルを未然に防ぐため、不動産売買契約時に取り交わした「物件状況等報告書」や「付帯設備表」をもとに、契約時と物件の状態が変わっていないか、引渡し可能な状態かどうか、しっかりと確認しましょう。

 

新築物件やリフォーム・リノベーション済み物件の場合は、施工不良や酷いキズ・汚れが無いかしっかり確認しましょう。もし不具合箇所を見つけた場合は、お引渡しの日までに補修等を行うよう売主業者様に依頼いたします。

 

8.物件のお引渡し・残代金のお支払い

 

物件引渡し(残金決済)と残代金の支払いのスケジュール調整は、当社がいたします。残金決済時には諸費用等の費用も必要となりますので、お持ちいただくか銀行口座にお預入しておきましょう。当日は当社のお客様担当者が立ち会い、最後まで責任をもってお手伝いいたします。

 

 

 

9.お引渡し後の物件確認・お引越し

 

お引渡し前の物件確認において補修箇所等があった場合は、補修等が行われているか確認しましょう。もし補修がなされていない等、不具合が解消されていない場合は速やかに売主業者様のアフターサービス窓口までご連絡ください。

 

お引越し お引越しの日時に合わせて事前にガスの開栓も依頼しておきましょう。また、電気・ガス・水道のお手続き(現居の使用停止、新居の使用開始)も忘れずに行いましょう。

 

10.申告

 

不動産取得税 不動産を取得した日から30日以内に、不動産の所在地を所管する都税事務所(都税支所)・支庁へ申告してください。

 

住宅ローン控除 不動産を取得・入居した年の翌年1月以降に、不動産の所在地を所管する税務署へ確定申告してください。

 

すまい給付金 不動産を取得した日から1年3ヶ月以内に、すまい給付金事務局への郵送またはすまい給付金申請窓口への持参により申請してください。